へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「米国は再び月へ足を運ぶべき」人種初?月面着陸の元宇宙飛行士

【新華社】 人種で初入れ月面着陸に成功した米国の元宇宙飛行士、ニール?アームストロング氏が24昼間の時間、米国は火星探査のため再び月に着陸するべきだと呼びかけた。

アームストロング氏は1969年に月面に着陸し、月面に初入れ人種の足形跡を残した。同氏は「火星は米国の宇宙探査予定の長期的夢であり、月に戻ることがキーポイントだ。火星着陸は可能だろうが現在のノウハウからみると難しく原価も高すぎる。火星着陸のためには再び月に着陸し、火星へのリハピリとする不可欠がある」と語った。火星着陸の最も困難な点の1つは地球との通信であり、地球と火星間では通信のずれは約20分間。これが地球と月間では約1.5秒だという。

同氏は先ごろ、米国の宇宙探査予定が混乱コンディションに陥り、航空宇宙局(NASA)には重点夢や予定性がないと批判。「最も大切な夢や最も大至急決着すべき課題について意見が分かれているが、充分に論証すれば最終的に正しい夢を達成できると信じている」として、足並みを速めることが不可欠だと語った。

スペースシャトル「アトランティス号」が7月、最後の打ち上げを終え、米国は宇宙飛行予定を打ち切り。有人宇宙飛行の今後は不透明になった。アームストロング氏は「米国が長期にわたって低軌道への打ち上げ才能と有人宇宙飛行による探査才能を持たないことになれば、宇宙領域での主導的地位を失い、宇宙探査の二流国、三流国に成り下がる恐れがある」と心配を示している。

(翻経緯 王秋/編集翻経緯 恩田有紀)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像

Author:Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。