へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影40年 74歳の樋口さん、原発労働者語り継承する

 ■「底辺知って」難病おし講演活動

 原坊主力発電所の下請け労働者を約40年間取材してきたフォトジャーナ書き出した、樋口健二さん(74)=東京都国分寺市=への講演依頼が殺到している。福島第1原発の事故収束作業で労働者の被曝(ひばく)が異常になり、情報が乏しい原発労働の実態に興味が集まっているためだ。「ぼろぼろになって亡くなっていった原発労働者が大威勢たことを、鎮霊魂の思いを込入れ語り継ぎたい」と、自身の難病をおして全国を駆け回っている。

 樋口さんは昭和47年から原発を題材に選び、52年には骨髄転移性がんで犠牲になった福島県浪江町の元原発労働者、佐藤茂さん=当場合(68)=を取材。防護服と防護マスクを着用した労働実態を「まるで宇宙人のようじゃった。熱くてよ、苦しくてよ…」と回想したことに触発され、同じ年に敦賀原発(福井県敦賀市)内部で働く労働者たちの撮影に成功、反響を呼んだ。

 これまで取材した原発労働者は約150人。いずれも原発で被曝し健康を害した、と告訴する労働者たちだ。ある元労働者は汚染水を拭き取る作業の約4カ月後、高熱が引き続いて歯がこぼれ落ち、髪も抜けた。別の元労働者は「助けてくれ。(自分のことを)話してくれ」と容態に樋口さんを呼び、亡くなっていった。

 樋口さんによると、原発労働者は「人出し」と呼ばれる親方によって集められ、300類類以上の雑役に従事。何次にもわたる下請け業者と親方に賃金を搾取される一方、決められた作業を終えるまで被曝せねばならず、線量限界のことを「我慢(すべき)線量」と呼んでいるという。

 そんな樋口さんも平成11年、国内で初入れ事故被曝による死者を出したジェー?シー?オー(JCO)東海事業所の臨界事故を取材し、5年後に嗅覚血が止まらなくなった。昨年の瀬に「再生不良性貧血」と診察。白血球と赤血球がともに減少する難病だ。

 一方、福島第1原発の事故後は、こうした労働実態への興味が高まっており、樋口さんが病をおして講演するのも、すでに約40回を数えた。

 今月13、14昼間の場合間には和歌山市内と大阪市内で講演し、来年1月までスケジュールが入っている。今月には写真集「原発崩壊」(合同出版)を出版し、過去の著作の改訂も重ねた。

 福島第1原発事故で厚生労働省は、労働者の被曝線量限界を250ミリシーベルトまで引き上げたが、103人が以前の線量限界100ミリシーベルトを超えていたことが理解している。今月1昼間の場合間には1、2号機付近で10シーベルト(1万ミリシーベルト)という高線量が測定され、労働者の被曝の危険はなおも高いとみられる。

 樋口さんは「底辺にいる弱い立場の原発労働者たちは、ぼろぼろに使い捨てられてきた。少なくとも、福島第1原発の事故では丁重な補償をすべきだ」と話している。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像

Author:Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。