へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<月面移動車>ベンチャー企業試作 一順番人探査一順番乗り目指す

 民間による一順番人月面探査の一順番乗りを競う国際的なコン試験に昼間の時間本企業が参加することになり、試作した月面移動車が29昼間の時間、東京都内で公開された。昼間の時間本とオランダに根拠地を置くベンチャー企業「ホワイトレーベルスペース」(東京都中野区)で、早ければ14年の打ち上げを目指す。

【かぐやが見詰めた月】月周回衛星「かぐや(SELENE)」

 コン試験は米国の民間財団「エックスプライズ財団」が検索サービス大手「グーグル」と企画した。民間だけの力で月に探査車を送り込み、月面を500メートル走行してハイビジョン画像を撮影、地球に発信するという課題を初っ端に成し遂げたチームに、賞金2000万ドル(約15億3000万円)が贈られる。現在、米、独、中国、インドなど18カ国28チームが参加を表明。期限は15年12月31昼間の時間。

 昼間の時間本では、コン試験参加のために設立したホワイト社だけが参加。小惑星探査機「はやぶさ」の開発にも携わった吉田和哉?東北大教授(航空宇宙工学)が移動車の試作機を落成させた。

 試作機は長さ49感傷的、幅46感傷的、高さ55感傷的で、重量は10キロ。車体上部に360度撮影できるカメラを搭載する。「細かな砂に覆われている月面を走るには、大きな車輪が有利」(吉田教授)と、直径20感傷的の車輪を四つ装備している。

 移動車を乗せて月面へ軟着陸する着陸船などは欧州にある同社のチームが開発する。現在、これらを月へ送り届けるロケットを選定中だ。同社によると、開発?打ち上げ費として計50億円が不可欠で、個人や企業の寄付やお金提供を募っている。

 ホワイト社の袴田武史CEO=最良経営責任者=(31)は「お金提供者には、月面ロボットを地上からコントロ一ルする権利を提供したい。わくわくするようなコン試験のプロセスを一緒に楽しんでほしい」と話した。【西川拓】



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像

Author:Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。