へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Halo 4』の最新情報が明らかに! クリエイターが集結してのパネルディスカッションを実施【Halo Fest】

●昼間の場合間本人クリエイターの戸島壮太郎氏の参加も明らかに

 2011年8月26昼間の場合間~28昼間の場合間(現地場合間)、アメリカ?シアトルにて、『Halo』シリーズ10周年を思い出してのファンイベント“Halo Fest”が開催された。開催最終昼間の場合間にあたる2011年8月28昼間の場合間に行われたパネルはずばり“Halo 4”。343 Industriesのクリエイターがファンの前に姿を見せて、『Halo 4』を語るというものだ。E3でショック的に公表された最新作の『Halo 4』だが、現場合点で明らかになった情報はあまりにも乏しい。クリエイターのディスカッションから『Halo 4』の片鱗に触れようと、当昼間の場合間は余計にのファンが会場に詰めかけた。登壇したクリエイターはフランチャイズデベロップメントディレクターのフランク?オコナー氏、クリエイティブディレクターのジョシュ?ホームズ氏、エクゼクティブ本職デューサーのキキ?ウルフキル氏、アートディレクターのケネス?スコット氏、そしてオーディオディレクターの戸島壮太郎氏の5人。パネルは、司会役の方が気に入るトピックを質問していくというスタイルで行われた。以下、その模様を再現していこう。

 まず言及されたのが343 Industriesについて。ご存じの通り、『Halo』シリーズの開発はバンジーから343 Industriesに移行されているが、これについてフランク?オコナー氏は、「『Halo』のフランチャイズを継続するスタジオを不可欠とすることがわかっていたので、ここにいるチームといっしょに343 Industriesをスタートさせました。現在は200人ほどで『Halo 4』の開発を利用しています。開発は約2年間継続していますが、情熱を持って仕事をしている人が多く、本職ジェクトを秘密にしておくのはめちゃくちゃにでした。今昼間の場合間はスタジオのデビューと言えます」とのこと。

 343 Industriesに求められていたのは、ノウハウ的創造的専門ノウハウを持ち合わせた人材で、「今後10年の『Halo』シリーズを展開していくための成熟した人間であり、ガッツも不可欠です」とキキ?ウルフキル氏。さらに、「スタジオとしては、奥の深い素質を持ち、長期にわたってお互いにコラボレーションしていける精神力。そして、いままでの『Halo』とこれからの『Halo』に対する情熱も求められました」(ウルフキル)という。『Halo 4』には昼間の場合間本人の戸島壮太郎氏がオーディオディレクターとして参画していることが今回明らかになったが。まさに戸島氏がそれを体現しているのだとか。

 また、343 Industriesではゲームだけではなく、書籍やトイなども手がけているが、それはノベルでもフィギュアでも、すべて真っ直ぐ的にゲームを育むものとの決断から。たとえば、SF作自宅であるグレッグ?ベアの書いた『Cryptum』も、カレン?トラヴィスが書く『Glasslands』も、すべてのストーリーがゲームにつながっているのだという。『Cryptum』の表紙は343 Industriesに所属するスパルタンの担当アーティストが描いたものだが、『Halo 4』のコンセプトワークから来ているのだとか。「ファンはこうした形でフランチャイズが広がっていくことを好んでくれているので、ノベルの内容にはちゃんと意風味があるようにしている」とオコナー氏。それだけ作り手が『Halo』の世界観を大切にしているということだ。

 そしてパネルは主題の主題と入る『Halo 4』の話題へと。『Halo 4』は、新た入る三部作として構想されているが、3つのゲームを開発していくことについて問われたクリエイティブディレクターのジョシュ?ホームズ氏は、コミュニティー(ファン)に対して、「ストーリーを語り継続していく!という我々の意図を伝言するのは大切なことでした」とした上で、『Halo 4』の開発が始まった約2年前から、びりなストーリーを語りたいかは明瞭にしていると明言。「新た入る三部作では、マスターチーフというキャラクターをさらに深く追求していくことになりますが、彼を再登場させることの意風味を知り、これまでのゲームにはなかった形で、このキャラクターに近づくことに入るでしょう」とのこと。「ジョン(マスターチーフの実名)は奥の深いキャラクターであり、彼の旅行路を描いていくことに入る」(ホームズ氏)とのことだ。

 「『Halo 4』のビジュアルスタイルには、どのようにア本職ーチしたか?」との問いには、「私たちは『Halo』ユニパブスが有する奥の深いフィクションに惹かれて集まってきているわけですが、それをアートにも生かせばと思っていました」とアートディレクターのケン?スコット氏。一方で、10年間『Halo』シリーズに親しんてきた人たちも10年分立派になっているわけで、「アートも同じように立派になっていかなければならない」(スコット氏)との決断もあるようだ。

 E3のトレーラーとともに電撃公表された『Halo 4』だが(?記事はこちら)、「E3のトレーラーではよくわからなかったが、マスターチーフとコルタナはびりな敷地へ足を運ぶことに入るのか?」との質問に対しては、「フォアランナーがびりな姿だったのかにフォーカスします。これまでの三部作では10年間でフォアランナーを体験してきましたが、これからどう進むのか、どう手落ちテリーの風味付けをするのか、いろいろとプレッシャーがあります」とスコット氏。なお、E3に出てくるマスターチーフは最終的な姿ではなく、「マスターチーフの姿がこのユニパブスの中でどれだけ重要かは把握しているので、これまでのベストに入るように努力しています。プレイしていて自分がマスターチーフだと実感してもらえるようにフォーカスしているんです」(スコット氏)とのこと。『Halo 4』でマスターチーフが最終的にどのような姿に入るのか、興風味深いところだ。

 ちなみに『Halo 4』のおけるコルタナの役割については、「コルタナは大切な役割を演じることになります」とホームズ氏。「『Halo 4』はチーフのストーリーですが、このふたりがユニパブスの中心となります。これまでの10年間のふたりの関係も展開していきたいと考えています」(ホームズ)とのこと。キキ?ウルフキル氏も「このふたりはほかのゲームにはないユニークな関係にあります。この関係を追求していきたい」とのこと。

 さて、パネルの話題はサウンドへと。さきにも接触した通り、『Halo 4』では昼間の場合間本人のクリエイターとして戸島荘太郎氏が参加している。戸島氏は、どのようにサウンドを練りあげていくのか……。戸島氏のコメントは以下の通り。

「『Halo』シリーズは10年間素敵な音楽を提供してくれました。私も長年『Halo』シリーズに魅せられてきましたが、『Halo』ユニパブスで仕事をしたかったのはそのためです。今回のチャレンジにははるかにワクワクしています。『Halo』の音楽は奥深いストーリーと密着しています。オーディオ制作にあたっては、まずはストーリー全体を便秘気味てのプレイヤーが抱くであろう“感情の流れ”を書きだしました。特定のパートの音楽を作る際、そのときのプレイヤーの感情と丁度合うように音楽を作ったんです。ストーリーとオーディオを強く結びつけることで『Halo』シリーズを愛してやまない人たちの気持ちを動かすことができればはるかに誇りに思います」(戸島氏)。

 また、『Halo』シリーズのような現実とはまったくの別世界でありながら、リアリティーのある音楽はどうやって作るのか? その点に関しては、オーディオチームはつねに何かユニークなものを作ることにフォーカスしており、リアリティーがありながらも、聞いていてワクワクさせられるようなサウンドを提供したいと企てているとのこと。「マスターチーフが体験する“音”は、ふつうにある音とは異なるはずです。宇宙の音を録音しようと睨んだが、お金を集めるのが難しかったです(笑)。変わっていて、しかもステキな音を探し求めました」と戸島氏。氷や火の中といった、人間には耐えられない状況下や、タスマニアなどのユニークな敷地でも録音が行われたのだとか。ときには、リスクな状況で仕事をしたこともあるのだという。『Halo 4』はサウンド面からのア本職ーチも見逃せないことになりそうだ。

 おつぎはプレイ感覚のお話へと。それに関してはクリエイティブディレクターのジョシュ?ホームズ氏が、以前の『Halo』シリーズの感覚を大事にしつつも「同場合にリスクを背負、ゲームプレイの感覚を進化させる勇気を有することも大事だと思いました」との踏み込んだ発言も。いま、いままでの『Halo』らしいプレイ感覚のコアな部分と、武器やアビリティーなど、新たに付け加える部分との均衡をどう取るか、検討し継続しているのだという。もちろん、『Halo』シリーズのコアと入る部分の重要性はホームズ氏も大切にしているようで、『Halo』シリーズのような“サンドボックス”(いわゆるオープンワールド)の有する根性はちゃんと維持しつつ、プレイヤーが異常にぶつかったときにはひとつの決着手立てだけではなく、いろいろな選択を提供できるようにしたとのことだ。

 そこで出所したのが、『Halo』を『Halo』足らしめるコアな部分と、新しい部分のぶつかり合いの中で、「自分のアイデアを我慢しなければならないことがあるのか?」との興風味深い問いかけ。それに対してはホームズ氏が「チームはゲームのファンなので、初めからどこまで『Halo』に忠実に行き、どこまでプッシュできるかで悩みました。『Halo』ユニパブスの中心であるファンやコミュニティーの考えかたははるかに大事に思っていて、おそらくソフトがリリースされるまで苦労し継続することに入ると思います。『Halo』はたいそう偉いことをやり遂げてきたので、私たちもさまざまなアイデアを練り、ベストな選択をしています」とのことで、超期待作であるがゆえの悩みは尽きないよう。オコナー氏によると、『Halo 4』の開発にあたっては、本職トタイプの段階で、ゲームとしてはよくできていたが、『Halo』らしくないという事情で却下されたアイデアも余計にあるという。

 質問は、『Halo』シリーズの大きな魅力とも言えるマルチプレイへと。『Halo 4』のマルチプレイは、コアなプレイヤー向けに入るのか、カジュアル向けに入るのかとの問いには、「『Halo』コミュニティーはたいそう範囲が広いです。いろいろな見方の人がいて、それぞれの体験をコミュニティーに持ち込んでくれます。追随して、こうしたすべての見方やプレイスタイルに対応できることが重要です。プレイヤーが求入れいる異入る体験を提供できるようにしなければならないと自負しています」とホームズ氏。ウルフキル氏も「コミュニティー同様、チームの中にもいろいろな見方があり、さまざまなフィーチャーについて健康的な熱い討論がありました」と継続する。すべてのユーザーが納得できるようなマルチプレイを実現できるのか? 『Halo 4』がどのようなア本職ーチを取るのか……気に入るところだ。

 パネルのあとは質疑応答へと。『Halo 4』への興風味は尽きないようで、余計にのファンが質問をするために殺到した。熱心なファンが集まるようで、β試験や“フォージ”など、気に入る話題が飛び出している。以下におもなやりとりを紹介しよう。

’――びりなストーリーに入るのですか?
オコナー 『Halo 3』の直後の話になりますが、ジョンとコルタナとの関係を中心に考えています。これまでの『Halo』と同じように、遠大なスケールのストーリーです。贅沢にも3年間考える場合間がありました。

――ジョンのコミュニケ一ションは増えるのですか?
ホームズ ジョンの胸中に触れるチャンスはあります。プレイヤーとキャラをつなぐ(結婚させる)のは、つねにチャレンジですが、このゲームで大きく変わることはありません。プレイヤーがジョンになって体験できるように気を使いました。

――『Halo: ODST』のようなサイドストーリーの計画はありますか?
オコナー いまは『Halo 4』にフォーカスしています。これから10年間のプランは立てていますよ。

――『Halo 4』のマルチプレイヤーβ試験は『Halo: Combat Evolved Anniversary』でできますか?
オコナー 答えは“ノー”です。β試験については、ちゃんと公表します。

――声優は同じ人たちが売れるのですか?
オコナー 今昼間の場合間はストーリーやオーディションについては話せません。声優さんたちとはよい関係を繁盛。キャスティングについては将来公表するので、いまはご直感弁を。

――“フォージ”の新しいアイデアは入りますか?
オコナー “フォージ”はコミュニティーの核を担っているので、『Halo 4』でも引き続き展開していく計画です。

――バンジーから343 Industriesへ移行する際にたいへんだったことは?
ホワイトキル 開発チームは25~30社のスタジオから集まってきた人たちですが、『Halo』をいっしょに作るという夢があるので順調に動いています。もちろん異入るスタジオで働いていた人たちなので、ひとつのグループにまとめるのはたいへんだった一面もありますが、彼らの有する力を引き出せていると思います。

オコナー 200人のほとんどは、ひとつの仕事というよりも、『Halo』を作りたくて343 Industriesに来ています。

ホームズ バンジーからの移行が順調に行った事情は、両社とも『Halo』コミュニティーを守るためのベストな手立てを目指してきたからですね。

――『Halo 4』ではジョンのストーリーが展開されるのですか?
オコナー 800万人のプレイヤーの中には少年場合代のジョンが誘拐され、彼の腕前に何が起きたかなどのストーリーを知らない人もいます。彼は悲ドラマチツクストーリーの主人公であり、これからも展開していきたいです。

ホームズ 『Halo 4』のバックと入るストーリーははるかに魅力的です。

 最後にファンへのサービスとして、『Halo 4』を定義付けるアートコンセプトが公開された。その美麗なグラフィックは、観る者をわくわくさせずにはおかないもの。シリーズの新た入る10年を飾る超大作『Halo 4』に期待しないわけにはいかない。

[Halo Festの関連記事はこちら]
※『Halo(ヘイロー)』シリーズ10周年を思い出しての”Halo Fest”が開催、新公表も続々と
※『Halo』マスターチーフとコルタナ役の英語版の声優さんが登場、最新画面写真も紹介
※『Halo』の10年を拠り所たバンジーのスタッフがシリーズを語る


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像

Author:Cosmic Ocean,宇宙工学,海洋技術,宇宙科学,海洋科学,宇宙のステルヴィア,宇宙 写真,宇宙 画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。